医療法人 新光会 村上記念病院 BLOG
医療情報に限らず「地域の様々な楽しい情報」や「時事ネタ」をジャンルを問わずブログにてお伝えしていきます。http://www.shinkohkai.jp/murakami/
ハンコの歴史について学びました☆
こんにちは、総務 榎本です

先日、「ハンコの歴史」についての講演を
聞いてきましたのでご紹介します。

IMG_3243.jpg 

↑よく使用する当院の病院印です。

日本天皇のハンコは「御璽(ぎょじ)といって
大きさは3寸(約9.09cm)だそうです。

驚いたのが、ハンコを「印鑑」と呼ぶのは
誤りだという事です
 
「印鑑」とは、捺したものを指すそうで、
漢字に記されている通り、「鑑(かがみ)」
という意味なんですって

「印章」「印」「印判」等、呼び方は多数
あるようです。

そもそも、ハンコが中国から伝わったのは
有名なお話ですが、現代では日本が世界で
唯一といっていいほど、ハンコを多用して
いるとの事でした。
business_hanko_woman.png
他国では、サインが主流だそうです。
確かに日本は契約や受け取り等、何かと
ハンコが必要になる場面が多いですよね。

サインといえば、「花押」を初めて知りました。
戦国武将も使用していたという、「花押」。
あまりなじみがないように思いますが、
現代でも政治家が使用しています。

ハンコの歴史はとても深い事を知り、毎日
なんとなく捺していましたが、少し見方が
変わりました。

私たちの生活にも大きく関わっているもの
ですから、大切に使いたいですね