FC2ブログ
医療法人 新光会 村上記念病院 BLOG
医療情報に限らず「地域の様々な楽しい情報」や「時事ネタ」をジャンルを問わずお伝えします。
無人航空機 災害支援委員会 発足しました☆
こんにちは。事務長の黒坂です 

村上記念病院ではこのたび、
無人航空機(ドローン)を使って、万が一の
有事の際に、病院建物の損壊状況を早期に調査し
また地域の災害支援のお役に立てることを目的
とした委員会

題して、
 村上記念病院 無人航空機 災害支援委員会
 愛称:村上記念病院 Drone TEAM
(略称:MKDT)
を発足させました。

20181012_06.jpg

ドローンと言うと、ラジコン?遊び?
と思われる方もいらっしゃると思いますが
いえいえ、委員会の運用規定も作成しての
れっきとした大真面目な委員会なのです。

いったん大規模災害が起きれば、病院の建物も
損壊を受け、損壊状況の調査を受けて安全が
確認されるまで、病院の建物が使えなくなります。

しかし、
・震災直後は、行政も市民の対応でテンヤワンヤ
 であり建物診断までは手が回らない。
・では民間の調査会社に依頼しようにも、
 調査会社自体も被災しており手が回らない。
・もしかしたら建物が崩れるかも知れない以上、
 危険な箇所、特に高所へ職員が直接確認に
 行くこともできない。

とのことから、
近年注目されているドローン技術を用いて、
人間がなかなか確認に行けない箇所、特に高所の
外観撮影を行い、安全を確認するとともに、
後の安全点検の際の参考にしてもらおうと言った
主旨です。

ですので委員は全員、大真面目に取り組んで
います。

20181012_03.jpg

ドローン技術を用いての、こうした災害支援への
取り組みは近年、行政においても国をあげて
盛んに取り入れられており、特におとなりの
秋田県では、行政と民間が協定を取り交わし、
災害支援に役立てるための活動が積極的に
行われております。

秋田市の例
北秋田市の例
鹿角市の例

ほか、ドローンを使った災害支援の活用例はこちらから

当院としても、この取り組みがひいては万が一の
有事の際に地域の皆様のお役に立てればと思い、
有志一同、技術向上に真剣に取り組んでいく所存です。

このたびの、第1回目の委員会では、
ドローンに関する様々な法令の学習、および
委員会運用規定の確認を行いました。

20181012_01.jpg

委員の皆さんも、真剣に法律の勉強に取り組んで
います。

20181012_04.jpg

今後については、毎月の飛行技術訓練と
3ヶ月毎の定期勉強会を主に活動していく予定です。

20181012_05.jpg

委員会活動の模様は、これからもこのブログや
様々な機会を通じてレポートしてまいりますね。

村上記念病院ではこのように、きちんとした企画書
とそれに基づく活動計画等があれば、従来の慣習に
とらわれず、前例のない自由な発想でも、積極的に
採用しております。
ですので、院内はとても活気に満ち溢れています。

この自由な発想を活かす社風は、もしかしたら
Google社やFacebook社と似ているかも知れませんね。

皆さんもこの活気に満ち溢れた当院で、ご自身の
夢を実現させてみませんか?

院内見学も承りますので、ご興味のある方は
お気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ先】
TEL 0254-52-1229
医療法人 新光会 村上記念病院
事務長 黒坂まで

→ 求人票はこちらから




村上市や近隣の胎内市は、風光明媚で豊かな自然に
囲まれ、春は桜並木やチューリップ、夏は海や
釣り、キャンプやトレッキング、秋はお祭りや
旬の食べ物、冬はスキーやスノーボードなど、
四季を通して堪能することが出来ます。

村上市と言うと、遠いなぁと思われる方も
いらっしゃいますが、村上駅は特急の停車駅でも
ありますし、高速道路のインターもありますので
皆さん実際に来てみて意外に近いんだな、と
おっしゃいます。
この村上市で一緒に働いてみませんか?

先日、ドローンで近くの瀬波海岸を撮影して
まいりました。
よろしければ参考になさってください♪

【瀬波海岸を撮ってみた その1】


【瀬波海岸を撮ってみた その2】


【大石ダムを撮ってみた】


村上記念病院のその他の動画はコチラから
→ 村上記念病院チャンネル